2008年 05月 28日

緑の中を歩くーネルソン提督の家

d0131616_0541087.jpg

草むらから初夏の匂いのするある晴れた日、
Maniace (マニアーチェ)の、ネルソン提督の家に行きました。



ネルソン提督という名前は、はるかかなた、その昔、
世界史の時間に、ちらりとでてきたような気もしますが、
1805年、トラファルガー沖で、ナポレオンを破り戦死。
英国で、英雄として、慕われた人物・・・だそうです。
(こんなことも、勉強したようなしないような?)


エトナ山の周辺の村のひとつ、
ブロンテ村から、のんびりと田舎の道を、車で10分ほど。


なぜ、こんな田舎に、イギリスの海の提督、ネルソンの家があるかというと、
戦争中、シチリア王のフェルナンド2世の命を救ったことから、
この膨大な土地と広大な屋敷を感謝の気持ちとして、贈られたらしい。


d0131616_044062.jpg

入り口を入り、



d0131616_045018.jpg

エヌはネルソンのネ、の門をくぐると、




d0131616_0462182.jpg

お屋敷が、静かに



d0131616_12463.jpg

でも、堂々と、



d0131616_124675.jpg

緑と



d0131616_133558.jpg

藤の花に



d0131616_141564.jpg

囲まれています。



d0131616_155869.jpg





d0131616_171471.jpg

緑の中に、緑の扉が、こっそりと。



d0131616_184237.jpg

庭園を通ると



d0131616_1102766.jpg

使われなくなった、プールが。



d0131616_1112350.jpg

まわりには、川が流れていて



d0131616_1115660.jpg

あれ?ここは、どこ? トスカーナ?と思わせるような風景。



d0131616_112357.jpg

花が



d0131616_1131767.jpg

咲き乱れていて・・。



d0131616_345455.jpg





d0131616_3454611.jpg

内部には、



d0131616_3463892.jpg

カルタジローネで、作られた
アンティークなタイルも残されています。



d0131616_3512696.jpg

もともとは、ベネディッティーニの修道院だったのですが



d0131616_352783.jpg

1629年の大地震で、かなりの被害にあいました。




d0131616_354838.jpg

古い井戸とシチリアの青い空。



d0131616_3525864.jpg

外を



d0131616_14121252.jpg

のんびり歩くと



d0131616_14132932.jpg

緑に




d0131616_1414448.jpg

差し込む午後のやわらかい太陽の日差し。



名所というほどのではないかもしれないけれど、
緑の中に浸されて
花にたっぷり囲まれる。

そんな静かなひとときをすごせる場所。

でもそれだけで、十分なんだ、と
気がついた1日。


それにしても、
当のネルソン提督は、なんとここには、一度も、こなかったそうです。

海の男に、
シチリアの山は、遠かったのかな。
[PR]

by andosachi | 2008-05-28 00:46 | シチリアの小さな旅


<< 土に近い生活      さよなら、ドン・ミケーレ >>