イタリア料理スローフード生活

andosachi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 29日

ひとやすみして、おやつの時間

d0131616_124255.jpg

                 さつまいものモンブランをつくりました。
             とっておいたお気に入りの箱にいれて、小さな贈り物に。
                
                 
                 
                  お菓子作りは、ほんとに楽しい!              
                            



触ると、カシャッと音がしそうな葉っぱをつけた木々を、
窓の外に眺めながら、

濃い目にいれた紅茶と 秋の手作りお菓子を食べるとき、
"秋”が、単に、夏と冬の間というのではなく、
それ自体が、しっかり存在感を持っている国は、
地球上の中でも、けっこうお得なんじゃないか、と思ったりします。


大好きな音楽を聴きながら、
まだまだ、暖かい、秋の陽が、ガラス越しに差し込むキッチンで、
お菓子を作るのは、本当に楽しい時間。


d0131616_23135384.jpg


                           紅玉のタルト

紅玉の味が大好きで、
この時期、いろいろなお菓子に使います。


d0131616_23173652.jpg


タルトタタン

紅玉が、思いっきり味わえて、
いくらでも、食べられるお菓子。



d0131616_2320923.jpg


かぼちゃのプディング

にがーいカラメルが好きです。
カラメルは、思いっきり、焦がし、かぼちゃは、多めにいれて、
何かで、のばしていない本当のかぼちゃ、かぼちゃという味がする
そんな、ナチュラルなかぼちゃのプディングが好きです。


今は、”スイーツ”と呼ばれるくらい
おいしいお菓子は、お店で、あるいは、インターネットで
何でも買えるけれど、

手作りのお菓子が、大好きなのは、
何よりも、やさしい甘さに、できることと、
わくわくしながら、(でも、ちょっと心配しながら) のぞきこむオーブンと、
台所に、漂う甘い匂い。

そんな時間が、加味されるからでしょうか?
たとえ、多少無骨物に、仕上がったとしても・・・。


秋色の葉っぱと、秋の日差し
大好きな音楽と、週末のお菓子作り。


私にとって、なかなかいいコンビネーションです。


                  ***************


今日、やっとインターネットがつながりました~。


次回は、今、私が一番気に入っている
イタリアの作家 マリオ・リゴーニ・ステルンを紹介します。

やっと、自分の部屋から、ゆっくりと・・・・;)
[PR]

by andosachi | 2008-11-29 12:04


<< 雪の中の軍曹 il serge...      Bentornata Sach... >>