カテゴリ:未分類( 13 )


2010年 01月 01日

あけましておめでとうございます

d0131616_20415515.jpg


みなさま、あけましておめでとうございます。

お正月なので、オルサラ村のお話は、ちょっとお休みして、

お正月なので、ちょっと今までを振り返ったり、
お正月なので、これからの人生、知る人ぞ知る、
”宝くじに当たり続ける方法” について考えたり。


なにしろお正月ですから。

More
[PR]

by andosachi | 2010-01-01 20:39
2009年 11月 17日

オルサラ村に帰る4  オーブンのまえでポンと投げるもの

d0131616_10593272.jpg


「大変な仕事を楽しくやる100の方法」 

なんていう本の企画が持ち上がったのなら、
オルサラ村のパン屋さんにお願いするといいと思う。

あるいは、ただ単に、
オルサラ村のパン屋さんの工房を、ふらりとのぞいても。

朝いちばん早くたって、
オーブンの前は、いつも暑くたって、
焼きあがり途中の、パンをかき回す作業は、なかなか重労働だって、

なぜかみんな冗談いって笑ってる。

だからみんながつまみにくる、

そんなオルサラ村のパン屋さんへ

More
[PR]

by andosachi | 2009-11-17 10:53
2009年 08月 20日

うみとそらがまじわるところ   イタリアのかかと・サレント

d0131616_19481297.jpg


海がものすごく蒼くて
食べ物がおいしくて
ワインがうまい
人もオープンだし・・・


サレント地方ってどんなところ?
イタリア人に聞いたら、口々にこんな答えが返ってくるプーリアの最南端。

そんな旅に誘われたら、
まずは安易に車にのっかって
それからほんとか確かめようと・・・。

出発前日の晩、マルケに住む友人から、
ボタン操作がまだよくわからない、買ったばかりの一眼レフの、
即席カメラ講座を受けて、
旅行かばんに大切につっこんで、

心が落ち着いてから読もうと、
ついにイタリアまでもってきてしまった
村上春樹の”1Q84”もその脇に。



そしてイタリアのかかとサレント地方へ。


More
[PR]

by andosachi | 2009-08-20 00:20
2008年 12月 25日

Buon Natale - 駆け込みクリスマス

d0131616_2235943.jpg



ひまわり、ひまわり・・とつぶやいているうちに、
あっという間に、クリスマス・・・・・しかも、もう終わり!?

そんな今年のクリスマスは・・・・

More
[PR]

by andosachi | 2008-12-25 22:42
2008年 12月 13日

雪の中の軍曹 il sergente nella neve

d0131616_16253847.jpg

"曹長殿、われわれは、家に帰れるのですか?”

第2次世界大戦。
一面雪に覆われた酷寒のロシアからの、イタリア軍の敗走につぐ敗走。

極限状態の中、
右も左も、ただただ、真っ白なロシアの大草原。、
イタリア兵、誰もの胸の中に、去来するひとつの思い、それは

”家までは、どのくらいの距離があるんだろうか?”


自らの体験を、感情を極力排した、散文詩ともいえる簡潔な文体で描いた
イタリアのトルストイともいわれる、マリオ・リゴーニ・ステルン
今回は、彼の第一作目にして、傑作、”雪の中の軍曹” を紹介します。

More
[PR]

by andosachi | 2008-12-13 16:25
2008年 11月 29日

ひとやすみして、おやつの時間

d0131616_124255.jpg

                 さつまいものモンブランをつくりました。
             とっておいたお気に入りの箱にいれて、小さな贈り物に。
                
                 
                 
                  お菓子作りは、ほんとに楽しい!              
                            

More
[PR]

by andosachi | 2008-11-29 12:04
2008年 09月 27日

洗濯機ぐるぐると、一時停止、そして・・・・

d0131616_1145691.jpg


           浜辺に打ち上げられた、ちょっとお疲れのさびついた赤い機械。
                      ちょっとお休みして、

          でも、いつかまた、波がやってきて、広い海にでれるのかな。
                         

                          なぜなら
               
              彼女には、いつも波の音が聴こえているはずだから。 
                    

                 

引越しして

引越しして、はや2ヶ月。
洗濯機に入って、ひたすら、ぐるぐる回り、
時々、一時停止、気がつくと、またぐるぐる回り・・・・・

そんな毎日を送っていたので、すっかりほとんどのことから
遠ざかっておりました。気がつくと、なんと、もう秋の風が。

住居が確定しなかったため、なかなかネットがひけず、
今は、ちょっと小休憩で、川崎市内の実家に帰ってきたので、
家のネットを借りて、やっとブログを更新することができました。

「どうしちゃったんだろう??」と、
ご心配してくださった方、本当に、どうもありがとうございます。

カラダもぐるぐるまわりながら、
頭も、くるくるしながらも、
生存しています;)


テレビも、新聞も、ネットもない日々だったので、
(ちなみに、冷蔵庫と、洗濯機も・・・・。人って、こんなシンプルに生きられるんですね)

「え?日本の首相が変わったの!?」

その言葉に、知り合いが、
「変わっても、あなたの生活、何も変わらなかったでしょ」
うん、たしかに。


そんな中でも、
近所に、立派な図書館を、見つけて、
やっと時間を見つけていくと、

洗濯物ぐるぐる脱水が、終わるときのように、
「カラン、カラン、カラーン、カラーーーーン・・・・・・・・ガタン。」

静寂の空間の中で、
懐かしい、いつもの自分を取り戻していくのを、感じました。


人は、自分が置かれている立場を、すぐ状況のせいにするけれど、
この世で、成功するのは、
立ち上がって、自分の望む状況を探しに行く人、
見つからなかったら、創り出す人である。
                                                             
                               -ジョージ・バーナード・ショー


そんな言葉を見つけて
出て行くときは、ちょっと陽に干されて、ほっこりした気分。


人によって、これがなくっちゃ、というものは、違うと思うけれど、
本があると、リセットできる、
そんな自分も、また発見しました。


そして、、遠くまで、遊びにきてくれた友達に、

「一番大切なのは、いつだって、
自分のことを愛してあげること。」

そんなメッセージも、もらって、

これが、世の中をみる目になる。
自分を、どれだけ、愛しているか、許しているかが、
人を、どれだけ愛せるか、
世界をどれだけ、愛に満ちたものと、見られるか。


そんなこんなで、
あと、少し、ぐるぐるまわりながらも、
毎日、自分に言おうと思います。


Ti voglio bene. (愛しているよ)
自分も、人も。


                   **************


10月いっぱい、またネットが自由に使えない状況になるかもしれませんが、
ときどき、チェックできるときも、(突如) やってくるので、
気長に、遊びにきてください。

更新していないのにも、かかわらず、遊びに来てくださる方、
本当に、ありがとうございます。
[PR]

by andosachi | 2008-09-27 11:06
2008年 07月 31日

ブログでなく、自分の引越しのお知らせ

d0131616_7492076.jpg

           緑の中でひっそり満足、幸せそうな椅子を見つけました


引越し


イタリアから帰ってきて1ヶ月。
いろいろなことが動いて、
新しい生活が始まることになりました。

そして、引越し。

ダンボールひとつ送って
まだ住むところも決まってないけれど、

とにかくはじまりはじまり。


この椅子のように
緑の中で、
静かに笑っていられる生活になるといいな、と思います。


そして




くろまめの里へ。


             

           ********************



しばらくメールの環境がととのわず、返信ができない可能性がありますので、
申し訳ありませんが、お急ぎの方は、
携帯のほうにお願いいたします。

・・・といっても、携帯も買ったばかりなので;)
はやいところ、番号、アドレス送ります。
[PR]

by andosachi | 2008-07-31 08:00
2007年 12月 26日

ただいま太郎、ただいま・・やわらかい冬の日差し

d0131616_19365538.jpg

            イタリアに行くとき、赤ちゃんだった猫の太郎
              小さいままで、子供に成長しました。


なが~いなが~い旅ののち

去年の12月、安い1年オープンチケットがなかなか見つからず
買ったマレーシア航空。

ローマークアラルンプール間 11時間半、
空港で、待つこと、4時間
クアラルンプールー成田間   6時間

な、長かった。
でも、すいていたので、すっかり横になり、よく眠りました。

家に帰っても、眠り続け、眠り続け・・・
いろんな夢を見続けました。
脳の浄化作用だったのかな?(笑)



d0131616_19435644.jpg

こんこんと・・・・・。


d0131616_19441420.jpg

そして、
ときどき、空を見上げて、
シチリアの、冬でも、ぎらっ強い日差しとは違う、
日本の冬のやさしい太陽の光を目の中いっぱいに受けたり・・・。



d0131616_19463393.jpg

シチリアで買った

陶器の亀のように
ゆっくりでも、
たとえ、顔は、こ~んなに不気味でも、

笑って一歩一歩進めたら
いいと思う。


何よりも・・・・
暖かく待っていてくれる家族に感謝。
[PR]

by andosachi | 2007-12-26 19:48
2007年 11月 30日

トラットリア・ノルマンナ

d0131616_4314884.jpg
              ガラスのようで、ガラスでないレストランのこの窓
         ただ透明のビニールのカーテンが、ふわりとさえぎっているだけ。
               
              すばらしい見晴らしのレストラン、しかし
        標高400メートルでのガラス窓なしの食事は、さすがに寒い!


シチリアの”中高年”とお昼ご飯

おなかがすいたので、いきあたりばったりで、
カザル・ベッキオ村トラットリア・ノルマンナへ。

一歩はいると、、
明日結婚を控えた地元のカップルの結婚式前夜祭と、
パレルモからバスでやって来た、「イタリアの文化を学ぶ会」 のグループの
おじさま、おばさまで、大賑わい。


経営者の女性が、
「今日は、見てのとおり、たくさんの人で
決まったメニューしか出せないけど、それでもよければ」

「なんでもいーです」 と、おなかぺこぺこの私たち。

ということで、
「イタリアの文化を学ぶ会」 の中高年のシチリア人と
同じ部屋でお昼ご飯。


トラットリア・ノルマンナで食べたもの

More
[PR]

by andosachi | 2007-11-30 01:33